便利ですごい株主優待券とは!?その魅力に迫る【ANA株主優待】

- ANA株主優待券を上手く利用する方法

ANA株主優待券を上手く利用する方法

航空会社発行の株主優待券は、株主にならなければそのようなチケットは入手出来ないようい思いますが、そうでなくても入手可能なのです。
ではどのように入手する事が出来るのでしょうか?
ANAの航空チケット株主優待券で検証してみましょう。

【ANAの株主優待券とは?】


航空会社の株主優待券は、航空会社の株を持っている株主に対して、半年ごとに株数に応じて優待券が送られてきます。
送られてきた人はANAのカウンターや旅行会社へ優待券を持参すれば普通運賃の50%引きで購入する事が出来るという仕組みになっているのです。
普通運賃と同じ予約枠になっているのも株主優待券の特徴なので、魅力があります。
利用出来ないという期間は無いため、1年中利用出来ます。

【ANAの株主優待券はどこで買えるのでしょうか?】

飛行機を頻繁に使っている人であれば優待券が送られてきたとしても使うと思いますが、投資目的などで飛行機に乗らない人であればチケットショップで優待券を買い取ってもらうという方法があります。
そして一般消費者向けに株主優待券買取を販売しています。
ですので、チケットショップや金券ショップへ行くと、ANAの航空チケットが買えるという事なのです。

【幾らで売られているのでしょうか?】


株主優待券は需要と供給のバランスで販売価格が決まります。
お店の数が多いエリアになれば各店舗が競争しているという事もあるので、探し回ってみて安い所で買うという方法もあります。
株主優待券は毎年5月31日が有効期限です。
ですから5月31日が近付くに連れて安くなっていくという傾向があります。
そこの時期を見計らって購入すると更に安く入手出来ます。
時期でも変わってきますが、ANAの株主優待券は1枚で10000円前後で販売されている事が多く、価格が下がっている時期では6500円〜7000円前後で販売されています。

【ANAスーパーシートプレミアム】

国内線の上級クラスで知られているスーパーシートプレミアムは当日に空席があれば5000円の追加料金で利用できるのですが、事前予約も可能になっています。
運賃の計算は普通席の株主優待券利用運賃にプラス5000円です。
なので株主優待券を利用すればいつでも上級クラスのシートで移動するという方法も取れます。
チケットショップでは似たような値段設定がされているため、大きな価格変化は見られにくかもしれませんが、場所によっては穴場ショップもあるので、色々調べてみるといいでしょう。